まもなく、イセエビ漁解禁!

  • 2016.07.30 Saturday
  • 19:57

大変ご無沙汰致しております!

 

また今年も、イセエビ漁の解禁が近づいて来ました。

 

2016年8月1日、13:00に大原漁港より一斉にエビ網を仕掛けに出発です!

 

今年は、台風が今の所少なく、網を沢山入れられる日があると良いのですが・・。

 

そして、沢山、イセエビも獲れてくれれば、文句なし!

 

イセエビ漁獲量日本一の復活を目指して・・・!

 

しかし、エビ網には、イセエビよりも、海草の藻屑などが沢山掛かって来そうな気配です。

これだけは、人海戦術で除去しなければなりません!

 

そこで、毎年、イセエビの網の整理作業をお手伝いをしてもらえる援漁者を募集しています。

作業は、小学生で出来る簡単な作業で、危険も有りません。

朝ちょっと早起きして、潮の香りを吸いながら、ミネラルシャワーを浴びて、朝飯前の一仕事!

どうでしょうか・・?

仕事の後は、簡単な朝食と、カニや雑魚などの分け前を、お持ちいただけます!

 

毎年お手伝いいただいている援漁者もおられますし、お子様の夏休みの体験にと、お越しいただける方もいます。

 

まずは、見学だけででもOKですよ!

 

 

詳細は以下から。

 

少し早起きして、潮の香りにまみれて、イセエビの網の整理作業をお手伝いしてくれる方を募集いたします。

時間は、午前6時〜8時までの2時間ほどです。
作業内容は、網から海草やカニ等を外す作業です。
初めての方でも、小学生でも出来る内容です。
場所は、拓永丸の自宅兼作業場。(いすみ市大原1191)
服装は、汚れても良いもの(長袖、ボタンの無いもの)推奨
履物は、ビーチサンダル等は不可
軍手等は、支給致します。

作業終了後、軽い朝食があります。
また、カニや雑魚など、現物支給致します。

興味のある方は、090-2202-8017(中村)までご連絡を下さい!
毎年、援漁に駆けつけてくれる方も多いです・・。

変な正月・・

  • 2016.01.01 Friday
  • 21:53
地球の公転の速度は、今も昔も変わりはないと思うが、季節は変わって冬が来た!

12月の31日まで、沖で操業してきたが、こんな大晦日も漁師になって40年、初めてだった・・。

港を出るとすぐに水温計は19度を指し、海はマリンブルーだ!
通常であれば、浅場の水温は、12〜14度台が普通のこの時期に、5℃も水温が高い・・。
まだまだ、イセエビの獲れる水温である。
現に、12月でも、10隻ほどの船がイセエビ漁を続けている。

去年大不漁だったタコツボ漁は、少しは漁獲が揚がり、ホッとしたが・・。
こんなに黒潮水系の暖水が、回って来ては、この後がどうなる事か・・?

そして、もう一つ、私が海で生きて来て、初めて経験した事が有った!
千葉県でも、イワシ漁の3大漁場の日在浜(ひありはま)沖で、とうとう年内、1匹もセグロイワシが獲れなかったことだ!
これには、本当に驚いた!!
正月にイワシの丸干しも、ごまめ(田作り)も、地元のイワシで出来ないなんて、有史以来ありえない事だと思う・・。
大正15年生まれの父が生きていたら、本当に驚いた事だろう・・。

魚は、変温動物で、水温=体温だ。
よって、自分に適した水温帯を泳ぎ生活をしている。
日在浜の水温が19度も有る状態が続けば、セグロイワシは、やってこないだろう・・。
大原の港が、イワシの水揚げで賑わった数十年前は、もう幻となってしまった!

スパーエルニーニョ?すぐに因果関係を求めるが、日本の環境が亜熱帯化?暖かくなって来ているのは、素人目にもわかる。
日在浜のイワシが、暮れに食べられるようになる為には、どうしたら良いんだろう・・。

イワシが来なけりゃ、来たもんで正月やれって事か・・・。
あー、丸干し喰いてぇーなー・・・!!

え、港の朝市で売ってるって・・。
俺は、大原港に揚がった、イワシが喰いてぇんだー!

秋も深まり!

  • 2015.11.09 Monday
  • 05:44
数か月ぶりの投稿で、恐縮です!

秋も深まり、イセエビ漁もだいぶ下火になってしまい、そろそろ商売替えの時期となりました。

今年のイセエビ漁は、盛漁期の8月、9月に台風が連続して小笠原近海に接近し、大きいウネリが押し寄せ、網を仕掛けられる日が極端に少なく、水揚げも例年より落ち込みました・・。

私たちが経験した40~50年の季節のサイクルが、ここ数年は極端に変化していることを感じざるを得ません!
それが、地球上の人類の生活によってもたらされているとしたら?
自ら襟をただし、地球の変化を少しでも抑えなければと、実感致します。

11月の房総スターマーケットも無事に終了し、冬職はハギの救い漁へチェンジ!
12月からは、タコ壺の投入と、忙しくなりそうです!
タコツボ漁は、陸上での準備作業(運搬、餌付け)が多く、こちらでも援漁者を募集いたします!
作業期間は、11/15~12/5まで。
漁港での、タコツボ漁の準備作業となります。
詳細は、TELにてご確認ください!



イセエビ漁解禁&援漁者募集!

  • 2015.08.03 Monday
  • 09:32
3か月ぶりの更新となります。

またまた、猛暑の夏と、イセエビ漁の時期がやってきました。

例年8月1日が解禁ですが、今年は、定休日との兼ね合いで、8月3日が解禁となります!

水揚日本一を、誇る大原漁港です!

天候不順や猛暑など、アウトドアーの仕事にはキツイ毎日が始まります・・。

また、イセエビ漁は、朝早くの網揚げや、午後の網入れと、寸暇を惜しむ忙しさで、猫の手も借りたい日々が始まります。

そこで、今年もイセエビ漁の援漁者を募集いたします。

少し早起きして、潮の香りにまみれて、イセエビの網の整理作業をお手伝いしてくれる方を募集いたします。

時間は、午前6時〜8時までの2時間ほどです。
作業内容は、網から海草やカニ等を外す作業です。
初めての方でも、小学生でも出来る内容です。
場所は、拓永丸の自宅兼作業場。(いすみ市大原1191)
服装は、汚れても良いもの(長袖、ボタンの無いもの)推奨
履物は、ビーチサンダル等は不可
軍手等は、支給致します。

作業終了後、軽い朝食があります。
また、カニや雑魚など、現物支給致します。

興味のある方は、090-2202-8017(中村)までご連絡を下さい!
毎年、援漁に駆けつけてくれる方も多いです・・。

下記画像は、昨年の援漁風景です・・。



季節は廻り!

  • 2015.04.02 Thursday
  • 21:29
大変ご無沙汰していて、恐縮です。

タコツボ漁や、カワハギ漁など、冬場の漁も3月末に終了となりました。

季節は廻って、春から夏へ向けて、海の中も変化し始めています。

磯では、ヒジキや、ワカメなどの海草が刈り取られ、新芽の季節です。

水温が上昇してくれば、イセエビやサザエなども、獲れ出して刺し網漁の時期の到来です。

カツオや、シイラ、トビウオなどが、黒潮に乗って回遊して来ます。

毎年の事とは言え、海の恵み、黒潮の恵みに、感謝するしかありません・・。

有史以来、延々と続いてきた海の民の営みです。

来る4月5日、鴨川市天津の神明宮にて、房総スターマーケットが開催されます。
例年は、大多喜町のベジタガーデンで開催していましたが、初めて南房総での開催となります。
歴史ある大きな神社の境内と、参道での出店となります。
お参り方々、マーケットにいらして下さい!