変な正月・・

  • 2016.01.01 Friday
  • 21:53
地球の公転の速度は、今も昔も変わりはないと思うが、季節は変わって冬が来た!

12月の31日まで、沖で操業してきたが、こんな大晦日も漁師になって40年、初めてだった・・。

港を出るとすぐに水温計は19度を指し、海はマリンブルーだ!
通常であれば、浅場の水温は、12〜14度台が普通のこの時期に、5℃も水温が高い・・。
まだまだ、イセエビの獲れる水温である。
現に、12月でも、10隻ほどの船がイセエビ漁を続けている。

去年大不漁だったタコツボ漁は、少しは漁獲が揚がり、ホッとしたが・・。
こんなに黒潮水系の暖水が、回って来ては、この後がどうなる事か・・?

そして、もう一つ、私が海で生きて来て、初めて経験した事が有った!
千葉県でも、イワシ漁の3大漁場の日在浜(ひありはま)沖で、とうとう年内、1匹もセグロイワシが獲れなかったことだ!
これには、本当に驚いた!!
正月にイワシの丸干しも、ごまめ(田作り)も、地元のイワシで出来ないなんて、有史以来ありえない事だと思う・・。
大正15年生まれの父が生きていたら、本当に驚いた事だろう・・。

魚は、変温動物で、水温=体温だ。
よって、自分に適した水温帯を泳ぎ生活をしている。
日在浜の水温が19度も有る状態が続けば、セグロイワシは、やってこないだろう・・。
大原の港が、イワシの水揚げで賑わった数十年前は、もう幻となってしまった!

スパーエルニーニョ?すぐに因果関係を求めるが、日本の環境が亜熱帯化?暖かくなって来ているのは、素人目にもわかる。
日在浜のイワシが、暮れに食べられるようになる為には、どうしたら良いんだろう・・。

イワシが来なけりゃ、来たもんで正月やれって事か・・・。
あー、丸干し喰いてぇーなー・・・!!

え、港の朝市で売ってるって・・。
俺は、大原港に揚がった、イワシが喰いてぇんだー!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM