空き家が、いっぱい!

  • 2015.01.22 Thursday
  • 22:20
とても長い間、ご無沙汰いたしておりました。

遅ればせながら、2015年もよろしくお願い申し上げます!

いすみ市でも、空き家バンク制度があるそうですが、今年の房総沖の蛸さんアパートも空き家だらけで、困っています・・。
例年ならば、この時期は、北から出稼ぎに来る蛸さんの団体で、どこのアパートも満杯となるのですが、今年は大異変が起きているようで、まったく蛸さんが房総へ出稼ぎに来てくれません・・。
沖合に入れてあるタコツボアパートは、ガラガラで、数千個の空き部屋が出てしまっています。
私も、漁師になって35年になりますが、こんな経験は一度もありません!

いったい、どうした事でしょう?
一昨年2013年度の、いすみ東部漁協のマダコの水揚げは約40トン!
去年は、大漁でもっと多かったはず・・・。
ところが、今年は、漁期も半分が過ぎたが、まだ1トンにも満たないと言う・・。
大不漁!大異変!海の飢饉っと言っても過言では無い!

いすみの名産の蛸飯や、タコ料理の材料が、まったく手に入らない状態です。
原因は、明確です!
房総沖の冬の水温が、高すぎる!
この時期は、一年を通じて水温が一番降温し、10度〜13度となるのが普通です。
しかし、今年は、暮れから15℃〜16度台と高く、親潮の勢力が弱く、黒潮の勢力が強い!
間違いなく、これが原因です!
では、なぜ、黒潮が強く、親潮が弱いのか?
もう、こうなってくると、地球規模の気候変動が原因としか思えません・・。
それは、なぜ?地球における、人類の生活が、地球的規模で影響を与えているからでしょう・・。

それにしても、この空き家、どうしましょう・・。
漁期は、3月31日まで!
入居してくれる、蛸さんを、多くの漁師さんや、いすみの方々が待ち望んでいます・・。

沖釣りフェスタ〜スタマーへ!

  • 2014.11.04 Tuesday
  • 21:48

11月2日BOSOスターマーケットが開催されました!

大原漁港では、いすみ市沖釣りフェスタが開催されていたので、午前中は、沖釣りフェスタに、午後はスタマーへ参加しました。
沖釣りフェスタも、凪よく、大盛況で、楽しい海釣りとなりました。

スタマーの方は、前々日に獲れたアジを加工して、究極のアジフライを提供しました!
揚げたてが美味いのは当然ですが、冷めてからも更に美味しいのが、漁師工房のフライです・・。
付け合せの、キャベツやレタスは、もちろん無農薬栽培の物です。
塩や油も、オーガニックの物ですので、安心して食べられます。




他の出店者の方々も、いずれ劣らぬこだわりの逸品を販売していました。

沢山の来場者も有り、顔なじみのお客様にも、初めてのお客様にも、漁師工房の干物をお買い上げいただきありがとうございました。
当工房の海産物は、自然の海から自ら獲ってきた魚介類を使用し、調味料も自然な物を使い、お日様と風の力によって、作られる自然ひものですから、当然たくさん作る事が出来ません!
また、沢山作ろう、予定に合わせて作ろうとすると、人為的な力を使う羽目になり、自然ひものではなくなってしまいます。
お買い上げ頂く皆様には、不自由な事と存じますが、自然の力を借りて、自然のスケジュールに合わせておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。




今回は、私が沖釣りフェスタに参加して居た為、強力な助っ人(MNさん)に来ていただきました。
MNさん、慣れない店番、ありがとうございました・・。

また次回、来年のお彼岸頃に、スタマーが開催されると思います。
その際には、また究極の〇〇〇を、お持ちいたしますので、楽しみにしていてください!

ご来場頂いた皆様、関係者の皆様、出店者の皆様、大変お疲れ様でした!
ありがとうございました。

シーフド代表!房総スターマケットVOL.7

  • 2014.10.20 Monday
  • 17:52
季節の変わりは早く、だいぶ長い間ご無沙汰している間に、秋も深くなってしまいました・・。

8月の猛暑や、9月、10月の台風など、バタバタと通り過ぎて行ってしまいました。

さて、来る11月2日は、年に2回開催される房総随一のイベント!BOSOスターマーケットです。
いずれ劣らぬ、こだわりの面々が、腕によりをかけた、食品、雑貨など等を出店いたします。

我漁師工房・拓では、第1回からの皆勤出店を継続していますので、ことスタマーに関しては、老舗の部類に・・?

今回も、フード関係のお店が沢山出店するようですが、シーフード系の代表として頑張って行きたいと思っています!
でも、本当にこれだけ沢山のお店が出ると、1人のでは、2〜3種類もののフードを食べたら満腹で、他の物を食べられませんよね・・。
あれも、これも、食べて見たいけど、今回は無理!となってしまいます・・。

漁師工房のシーフードと出会えなかった皆様は、本当に残念だと思います。
数少ない、出店機会ですので、正真正銘のシーフードを持参しますので、是非味わって見てください!




 

イセエビ漁再開!

  • 2014.08.18 Monday
  • 16:18
8月1日に解禁となった大原のイセエビ漁ですが、台風の影響や連日吹く南西風などの影響で、出漁日が少なく異例のスタートとなってしまいました。
その内には、お盆休みだの定休日などで、連休が続き、ようやく今日から再開です!
日本列島各地でも、いまだ経験した事ない大雨や、落雷、突風、経験した事のない猛暑など、経験した事のない事が頻繁に起きているような気がします・・。
今年のイセエビ漁も、こんなにシケが多いのは、いまだ経験した事が無い!イセエビ漁となりました。
何とか、8月の後半に期待を掛けて、水揚げを回復したいものです!

まだまだ、残暑!猛暑が続くようですが、エビ網の海草取りのボランテイア(援漁者)も募集しておりますので、興味のある方は参加してみてください!
作業のスケジュールは、このカレンダーを参考にしてご確認ください!

イセエビ漁解禁!

  • 2014.08.04 Monday
  • 17:40

今年も8月1日より、千葉県各地の港でイセエビ漁が解禁されました!
遠く沖縄以西にある台風12号や、はるか南方海域にある台風11号などから、遠いウネリが底荒れとなって伝わり、海草が沢山掛かってしまい難儀しました!
自然の力は偉大で、千キロ以上も離れたこの外房沿岸まで、ウネリを運んできます!
人間が作り出すエネルギーなど、足元にも及ばない絶対のパワーです・・。

イセエビ漁の朝は早く、午前2時に出港し、前日に仕掛けた網を揚げてきます。
網には、イセエビの他に、カニや小魚や海草など、いろんなものが引っ掛かっていますので、それらを綺麗に網から取り除く作業が大変です・・。
この時期は、臨時のアルバイトを頼んで、早朝5時半ごろから作業を始めます。
そして約二時間で、網から海草を取り除き、またその網を船に積み込んで、午後1時に仕掛けに行きます。
海が凪であれば、その繰り返しとなります。
この猛暑の中の作業ですので、暑くならない早朝に網仕事を終わらせます。
作業内容簡単で、小学生でも出来る単純作業です。
夏休みの体験や、思い出作りにもなると思います。
また、自然や海を、身近に感じることも出来ます。
カニや雑魚が大量な時は、分け前にあずかることも出来ます。
リピーターになって、毎年体験に来てくれる家族もあります。

農家の田植え、稲刈り体験!援農は早くからありますが、漁師の網場体験!援漁も如何でしょうか・・?

海が荒れて、網を仕掛けない時は、イセエビ漁の体験はありませんので、漁師工房・拓の援漁カレンダーでご確認ください!

因みに、明日もイセエビ漁の援漁者、募集しています。